誰もしていないキーワード戦略

ネットビジネスで成功する秘訣は決まっています。

 

こんにちは、加藤です。

 

 

ネットビジネスで成功させる最も大事なことが

「誰もしていないことを行う」

ことです。

 

 

これが出来ないから成功できないのです。

アフィリエイトで稼ぐ方法

せどりで稼ぐ方法

これらを発信する人は沢山います。

ですから稼げないのです。

 

 

ネットビジネスではレッドオーシャンとかブルーオーシャンというような言葉を聞いたことがあると思います。

聞いたことがない方は

ライバルが多く、稼ぐことが難しいのがレッドオーシャン。

ライバルが少なく、稼ぎやすいのがブルーオーシャン。

この考えを基本に考えましょう。

 

 

いかにブルーオーシャンでネットビジネスを行うのか、勝負をするのかを前提に考えることが成功への近道と言えるでしょう。

では、そのブルーオーシャンとはどうやって探せば良いのでしょうか。

 

 

 

もの凄く簡単にお伝えすれば、ブログやサイトで誰も行っていないジャンルを探して発信し続けることです。

 

 

そんなジャンルが有るのかといいますと、実際は殆どありません。

 

 

例えば、アフィリエイトで稼ぐ情報系のブログを作成したとしても、競争はもの凄く激しく、間違いなくレッドオーシャンであり、その中では稼ぐことは簡単ではありません。

 

 

稼ぐためにはgogleやyahooの検索結果で上位表示、少なくても10位以内に入らなければなりません。

 

 

さらに、クリックされるようなタイトルを考え、内容が濃く、訪問者のためになるような情報を発信しなければ読んでもらうこともされません。

 

 

その結果、何も販売することは出来ません。

 

 

しかし、同じアフィリエイトでも、もっと細かい分野まで突き詰めれば勝機は見えてきます。

 

 

アフィリエイトという言葉では上位表示を出来ないのであれば、上位表示できる出来る方法で行えばいいのです。

 

 

つまり、キーワードの組み合わせが肝心ということになります。アフィリエイト + 1万円 + 稼ぐなどというふうに、キーワードを幾つか組み合わせて上位表示を狙えば10位以内はそれほど難しいことではありません。

 

 

ちなみにアフィリエイト + 1万円 + 稼ぐというキーワードも上位表示は難しいかもしれません。

 

 

では、どんなキーワードがブルーオーシャンなのかと言いますと、アフィリエイト + 地域 + 稼ぐetcです。

 

 

これは、上位表示できる可能性はグッと上がります。地域に特化したアフィリエイトブログやサイトは多くありません。

 

 

これはブルーオーシャンと呼べるでしょうね。もちろん、この他にもブルーオーシャンと呼べるキーワードはあるかもしれましれませんので、よりライバルが少ないキーワードを見つけ出して記事作成を行うことが成功への第一歩となるでしょう。

 

 

キーワードが見つかれば、あとはコンテンツを追加して上位表示が出来るまでブログを更新やサイト更新をしていくことになるのですが、その作業が地味すぎて継続が出来ないという方が非常に多いです。

 

 

僕もその一人。

 

 

初めのうちは意気込みも高く、頑張れるのですが、そのうちに記事の作成が面倒になり、更新作業も何日かに一度、そのうちに手をかけることも少なくなり、辞めてしまうというパターンになりやすいです。

 

 

まずはこの壁を超えなければなりません。

 

 

基本的に毎日更新が上位表示の要です。上位表示されて落ち着けばそこから転落することはあまり無いように思います。

 

 

僕も、今までお小遣い系や健康系の複合キーワードで上位表示したサイトがほったらかしで今でも上位に表示されています。

 

 

誰も使っていないキーワードでもまずは上位表示をさせることが成功への近道です。

 

 

そこで上位表示をさせるときっとモチベーションが変わるはずです。

 

 

もちろん、誰も使っていないキーワードはアクセスに繋がる確率は低いですが、そこでまた見えてくるものがあります。

 

 

一位を取れたということと、そのキーワードではアクセスが来ないということ。その結果から、得られることはきっとあなたのスキルアップに繋がります。

 

 

誰もが短期間で簡単に成功をしたいと思うかもしれませんが、じっくりと腰を落ち着けて頑張ることもネットビジネスにおいては必要だと思います。

 

 

今回は「誰もしていないことを行う」ということでブルーオーシャンについてのヒントを解説しました。

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。



次のページ »